HONMA が誇る匠の技術

HONMA が匠の技術 1959年創業以来、我々の使命は最高の品質と世界基準のパフォーマンスを理想的製品をつくり出すことです。 私たちは、60年以上続匠の技と最先端技術、革新的開発力を融合し、クラブを製造しています。 HONMAは、世界中のゴルファーに満足していただけ最高の製品を提供けます。

1950年代 HONMA WORKSHOP IN YOKOHAMA

1959 本間ゴルフの前身「鶴見ゴルフセンター」開業、横浜の地でクラブの製造をめる。

1960年代 THE HONMA GOLF CLUBS

1962 HONMAクラブ第一号試作が完成。

1963 有限会社本間ゴルフクラブ製作所を設立し、ゴルフクラブの製造に着手。

1969 HONMA「コレクト」モデル販売開始。

1970年代 CLUBS FOR PROFESSIONAL

1973 業界のトップを切ってブラック(カーボン)シャフトクラブを発売と「エキストラコレクト」モデルを発売。

1976 自社ブランドゴルフウェアおよびゴルフ関連用品販売開始。ツアープレイヤーとアスリートプレイヤー向けに設計された「エキストラ90」モデル発売。

1980年代 SAKATA STUDIO

1981 生産の拠点を山形県酒田市へ移動。現在もこの地で生産されている。

1988 長きに技術革新の結果、初めてチタン合金繊維とカーボン繊維を複合させた「チタンボロン」シャフトを発売。

1990 チタンカーボンシャフト米国にて特許取得。

2005年 「BERES」ブランド発売開始

一人一人のゴルファーに最適クラブを提供するためにヘッドスピード別開発をい、ヘッドとのトータルバランス設計により誕生したアーマックシャフトを採用

2013年 「TOUR WORLD」ブランド発売開始

熱意系アスリートゴルファーの向上心にえる、究極のカスタムブランド完成。

2015年 「Be ZEAL」ブランド発売開始

初心者ゴルファー向けのBe ZEALを発売された

2016 アベレージゴルファー向けの「Be ZEAL」ブランド発売開始「Be ZEAL」ブランドの誕生により、初心者からアスリートまで幅広層のゴルファーを満足させるラインナップが完成 。 HONMA GOLF Limitedが香港証券取引所に株式上場。コード06858.HK

2018 伊藤忠との提携として、アパレル事業を再編

HONMA が誇る匠の技術

HONMA が匠の技術 1959年創業以来、我々の使命は最高の品質と世界基準のパフォーマンスを理想的製品をつくり出すことです。 私たちは、60年以上続匠の技と最先端技術、革新的開発力を融合し、クラブを製造しています。 HONMAは、世界中のゴルファーに満足していただけ最高の製品を提供けます。

1950S HONMA WORKSHOP IN YOKOHAMA 1959 本間ゴルフの前身「鶴見ゴルフセンター」開業、横浜の地でクラブの製造をめる。

1960S THE HONMA GOLF CLUBS 1962 HONMAクラブ第一号試作が完成。 1963 有限会社本間ゴルフクラブ製作所を設立し、ゴルフクラブの製造に着手。 1969 HONMA「コレクト」モデル販売開始。

1970S CLUBS FOR PROFESSIONAL 1973 業界のトップを切ってブラック(カーボン)シャフトクラブを発売と「エキストラコレクト」モデルを発売。 1976 自社ブランドゴルフウェアおよびゴルフ関連用品販売開始。ツアープレイヤーとアスリートプレイヤー向けに設計された「エキストラ90」モデル発売。

1980S SAKATA STUDIO 1981 生産の拠点を山形県酒田市へ移動。現在もこの地で生産されている。 1988 長きに技術革新の結果、初めてチタン合金繊維とカーボン繊維を複合させた「チタンボロン」シャフトを発売。 1990 チタンカーボンシャフト米国にて特許取得。

2005 THE BERES SERIES 一人一人のゴルファーに最適クラブを提供するためにヘッドスピード別開発をい、ヘッドとのトータルバランス設計により誕生したアーマックシャフトを採用

2013年 「TOUR WORLD」ブランド発売開始 熱意系アスリートゴルファーの向上心にえる、究極のカスタムブランド完成。

2016 THE BE ZEAL SERIES 初心者ゴルファー向けのBe ZEALを発売された 2016 アベレージゴルファー向けの「Be ZEAL」ブランド発売開始「Be ZEAL」ブランドの誕生により、初心者からアスリートまで幅広層のゴルファーを満足させるラインナップが完成 。 HONMA GOLF Limitedが香港証券取引所に株式上場。コード06858.HK 2018 伊藤忠との提携として、アパレル事業を再編

次へ 酒田工場